pa'ina

pa'ina!

pa'inaとはハワイ語で「小さなパーティ」「みんなの集まる場所」という意味。そんなブログになったらいいです。

ブローのやり方とコツ!上手な髪の乾かし方

f:id:tegomasu0428:20170724092025j:image

どうもこんばんわ。

 最近は梅雨入りして髪の悩みがすごく増えてきました。パサつく、ごわつき、まとまらない、はねてしまう…などなど

 

そんな方のために今回はパサつきを抑え、まとまりをアップさせる【上手な髪の乾かし方】と【ブローのコツ】をお教えしていきたいとおもいます。

 

 

 

 

はじめに

さて、ブローですが、髪の毛の量(毛量)が多い方だと「乾かすだけでも手間なのにブローなんて…」という方も少なくないとおもいます。

しかし、まとまりあるツヤ髪を作る上で大変重要です。

少し詳しく説明していきます。

さっそくいってみましょう。

 

 

タオルでしっかり水分を吸い取る

f:id:tegomasu0428:20170724125717j:image

まずは髪を拭く作業から。

髪の水分を吸い取るのは勿論なのですが、頭皮の水分もしっかり吸い取りましょう。

髪の毛の水分をタオルに移していく感じです。髪を傷める原因になってしまうので、ゴシゴシ強くこするのは厳禁です。

 

 

 

 

流さないトリートメントやヘアオイルをつけてから乾かす

f:id:tegomasu0428:20170724125728j:image

1〜2プッシュ程度を髪の中心から毛先にかけて手ぐしを通すようにつけていきます。
その後、全体になじませるようにクシでとかしてください。

 

「トリートメントなんて何をどう選べばいいのかわからない!」なんて方、

 こちらも合わせてお読みください。

 

 

 

 

全体の根元10センチ(8割)程度乾かす。

f:id:tegomasu0428:20170724125907j:image

下準備が終わりました。次はドライの作業です。まずは前髪から乾かしていきます。

前髪は1番癖が出やすいので、自然乾燥させてしまうと、くせ毛の方は特にうねりがでてしまいます。

前髪は左右から交互に風をあてて乾かします。

そうすることによって、根元がふんわり立ち上がり、自然と流れる前髪になります。

前髪が乾いたらつぎは、全体の根元を乾かしてください。

前髪の根元同様、いろんな方向から風を当てて根元をふんわり立ち上げるイメージで乾かしていきます。

  • 前髪→全体の根元→毛先

の順に乾かします。最後に毛先ですね。

 

 

 

 

ブロー

f:id:tegomasu0428:20170724124711j:image

だいたい全体の8割程度乾いたらブラシを通しながらブローします。

8割程度というのは毛先が少ししめってるくらいです!指を通してみて髪全体が根元から10センチほど乾いていたらブロー開始のサインです。

Point

  • しっかり毛先の先まで熱を通す
  • 毛先は内側でなく自分に向かってブローする
  • ドライヤーとブラシはゆっくり一緒に動かす

 

こんな感じですね。

毛先の先までしっかり熱を通すことによって毛先のパサつきを抑えられ、毛先を自分の方向にブローすることによってちょうどよく内側にカールが出ます。

ドライヤーとブラシをゆっくり動かすと熱が均等にあたり、よりつややかに仕上がります。

 

 

 

 

冷風で仕上げる

f:id:tegomasu0428:20170724124727j:image

最後に冷風を当てるとキューティクルが引き締まり、艶がでます。

実はとても大事な作業です。

冷たい風を上から当たると、当てない時に比べツヤ感がまるで違うので仕上げ冷風までしっかりやりましょう。

 

 

まとめ

最初は結構難しいかもしれませんが、慣れるとサラ艶髪がご自分でつくることができます。

スタイリングも思いのままで、楽しくなること間違いなしです。

是非お時間がある時にやってみてください。

 

オススメドライヤー、ブラシ紹介

僕がいつも使っているブラシ、ドライヤーをご紹介いたします!