pa'ina

pa'ina!

pa'inaとはハワイ語で「小さなパーティ」「みんなの集まる場所」という意味。そんなブログになったらいいです。

ヘアカラーの持ちを良くするには

f:id:tegomasu0428:20170724091711j:image

こんにちわ!

 今回は、ヘアカラーについてお話ししていきたいと思います。

ヘアカラーリングしたてって気分も変わってウキウキですよね。

 そんなお気に入りのヘアカラーをできるだけ長持ちさせる方法のご紹介やヘアカラーの弱点をお教えしていきます!

 

 

 

 ヘアカラーは熱に弱い

f:id:tegomasu0428:20170719114454j:image

カラーは熱が苦手なんですね。夏場なんかは紫外線によるダメージや、日焼けは大敵です。これら以外にも普段から注意が必要なものと対策をいくつか挙げていきたいと思います。

 

コテ、アイロンの温度

代表例はこの子たちですね。高温のコテやアイロンはやはり注意が必要です。ほぼほぼ毎日使うものなので使い方には気をつけましょう。

だいたい温度は120度前後がオススメです。

温度が高い方が時間をそれほどかけずにさっと巻けてしまうので楽なのですが、髪に与えるダメージも大きくなってしまいます。

髪は温めてから冷ますと固まる性質があるので、一度120度前後の低温で温めてからコテを外し、冷ますと高温で使用した時となんら変わらず巻けるので時間はかかってしまうのですがオススメです。

 

 シャワーの温度

そして次に、シャワーの温度です。

「そんなんで大して変わらないだろう」と思われる方が結構多いと思います。

ですが意外に変わってくるんですね。

お湯加減は体温くらいがちょうどいいと言われているのですが、冬だと36〜37度ってなかなか厳しいと思うので、いつもより気持ち低めくらいでいいです。

暑い夏場などは37〜38度に設定できるといいですね!

 

 

 

カラーした日は髪を休める

f:id:tegomasu0428:20170719114836j:image

髪を染めた当日はシャンプーはおやすみしてください。薬剤が完全に髪の毛に馴染んでいるわけではないため、色落ちを早めてしまう可能性があるからです。

トリートメントも一緒にされている方は髪の毛に栄養補給もしているわけですから、折角補給したその栄養素も早く流れ出てしまうためお休みさせてください!丸一日は空けて頂くと良いです。

 

ちなみにトリートメントは 髪の毛から知らずに流れ出てしまっているんです!

意外と知らない?トリートメントとコンディショナーの違い! - pa'ina!

こちらの記事ではトリートメントの説明を詳しくしているので、あわせてお読みいただくといいと思います!

 

カラー後のシャンプー&トリートメント

f:id:tegomasu0428:20170724091811j:image

 1日しっかり髪を休ませてあげたら、シャンプーをしていきましょう。

シャンプー剤はケラチン成分配合のものをできるだけ使ってください。ケラチンとは簡単に説明すると、パーマやカラーの持ちを良くしてくれる優れた成分なんですね。しかし、優れているからといって1日に何回もシャンプーするのは厳禁です。

シャンプー後のインバストリートメント(洗い流すトリートメント)も忘れずにつけて、しっかりケアします。

 

EARTHEART ボリュームアップ トリートメント

EARTHEART ボリュームアップ トリートメント

  • 出版社/メーカー: EARTH
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
EARTHEART ボリュームアップ シャンプー

EARTHEART ボリュームアップ シャンプー

  • 出版社/メーカー: EARTH
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 こちらのシャンプー、トリートメントは前述したケラチン成分を配合しており、カラー後、パーマ後などのいやな臭いも消してくれる優れものです。

 

 

髪をすぐ乾かす

f:id:tegomasu0428:20170724130044j:image

お風呂から上がるとめんどくさいから自然乾燥って方が結構いらっしゃいます。分かります、その気持ち。

髪が長くて重い方ってドライとかブローが手間だったりしますよね。しかし、前の記事でもお話した通り濡れてる時の髪って普段閉じているキューティクルが開いてしまっているんです。

キューティクルというのは簡単に説明すると髪の保護の役割を担っているんですが、それが開いたままということは当然外部からのダメージが直接髪の内部に伝わってしまいます。

そうすると髪が傷んでしまうほか、トリートメントなどでケアしてせっかく補給した栄養が髪の内部から外へ流れ出てしまいます。なのでお風呂上がりなどできるだけ早く乾かしてあげるようにしましょう。

乾かす前にできれば流さないタイプのトリートメントをつけてあげてください。

ドライやブローも同じ箇所に熱を当てすぎないようにだけ注意しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?色を長く保たせるためにはそれだけの手間がかかってしまいます。

ですがしっかりしたケアを続けてあげれば、カラーリングする頻度が劇的に減り、健康な髪、頭皮に近づいていきます。

最後になりましたがざっとまとめると、

 

  1.  ヘアカラー後は熱の扱いに気をつける
  2. カラー初日は髪を休めてあげる
  3. シャンプーする際はケラチン成分配合のシャンプー剤、トリートメントを使う
  4. お風呂上がり、できるだけ早く髪を乾かしてあげる 

 

これらを是非、実践してみてください。色持ち、髪のコンディションがまるで違います。オススメのカラー後ケア商品もあわせて紹介しますので、そちらもお使いいただけると嬉しいです。

 

長くなりましたが、この辺で失礼いたします。

素敵なカラーライフをお過ごしください。

 

 ご覧いただきありがとうございました。